旅するウェディング-おもてなし

ストーリー
メニュー

おもてなし-概要説明-

沖縄リゾートウェディングの特別な理由
現在取り組んでいる取り組みに「ふるさと名物応援宣言」があります。
沖縄本島の中部~北部の西海岸リゾート地に面した読谷村、恩納村、名護市が一体となってYONNAリゾートウェディング協議会を組織し、この3市村で「沖縄リゾートウェディング応援宣言」を宣言し、ウェディングでいらっしゃるお客様にそれぞれの地域産業資源を活用したおもてなしを実施することにあります。
沖縄本島にあるリゾートウェディングの施設は最新データでは現在35施設中、23施設が名護市、恩納村、読谷村にあり3市村の景観地をうまく活用して沖縄リゾートウェディングが実施され、増加傾向にあります。

3市村の実施組数は全体の実施組数の約53%を占めており、3市村はリゾートウェディングの盛んな地域と認知されはじめ、全国でも初となる複数自治体共同で本宣言を2016年1月に実施いたしました。
最近ではこの3市村を中心に海外からのお客様が婚姻届を市町村に提出し公的な結婚証明を発行してもらうリーガルウェディングも盛んに行っております。

この展開を起点に今後は県内全市町村がもつ固有のビーチ等の自然景観、農作物、加工品、伝統文化などの産業資源を相乗的に連携し、沖縄リゾートウェディングの挙式の演出や引き出物・記念品など、更には挙式後の遊びであるアフターウェディングなど、この地域でしか出来ない付加価値を追加して、ハワイやグアムとの差別化が出来、インバウンドのお客様も喜ぶ、沖縄リゾートウェディング独自のおもてなしを提供し、世界ナンバーワンのリゾートウエディングの聖地を目指します。

おもてなし100選では、沖縄リゾートウェディング業界の魅力・おもてなしのストーリーをご紹介します。