旅するウェディング-おもてなし

ストーリー
メニュー
50年間のありがとうを伝えたい 50年間のありがとうを伝えたい

50年間のありがとうを伝えたい

Visual Arts Team カメラマン

私の思い出に残るウェディング 50年間のありがとうを伝えたい

株式会社グッドラック・コーポレーション大屋 玲奈

株式会社グッドラック・コーポレーション
アールイズ・ウエディング
Visual Arts Team カメラマン
仲兼久 真喜葉
https://www.arluis.com/okinawa/

ある一日のスケジュール

今年の1月にオープンした宜野座村「美らの教会」でのお話。
結婚50周年、宜野座村でもおしどり夫婦として有名なお二人の「50年間のありがとう」を込めた結婚式。お二人の名前は偶然にも「幸夫」と「幸子」。「名前に負けないくらい幸せです」「孫にとってはじいちゃん、子供にはとっては父ちゃん、私にとっては(幸夫さんは)ずっとボーイフレンド」とはにかみながら話していた幸子さんの言葉がすごく印象的でした。当日はお孫さんとうれしそうに入場した幸子さん。家族や友達に見守られ、お二人は改めて愛を誓いあいました。50年の間、伝えたくても伝えられなかったこと。「僕を助けてくれた幸子がいたから僕がいるのです。長い間ありがとう。これからもよろしく」。リゾートウエディングでたくさんの新郎新婦様を撮影してきましたが、これまでにない、夫婦の積み重ね、絆を感じた感動的な結婚式でした。

Photo-1Photo-2

Photo-1

Photo-2

お問い合わせ 0120-802-630

LINE×ainowaジョブアシスト 公式アカウントはじめましたLINE×ainowaジョブアシスト 公式アカウントはじめました